株式会社clover出版様よりマスクを寄贈いただきました。

Pocket

こんばんは、金児です。

今日は家族でひさびさにイオンに行ってきました^^

まさかこれだけでこんなに嬉しい気持ちになると思いませんでした笑。

普段の日常って本当に当たり前じゃないし、変わり無く過ごせることに本当に感謝ですね。

 

さて今日は表題の通り、株式会社clover出版様よりマスクを寄贈いただきましたのでその報告をしたいと思います。

 

マスク寄贈の申し出があるんだけど・・・

先日、突如私の親愛なる某社長から入電。

 

お疲れ様です!ええ話ですか?
お疲れさまです!東京の某社からマスク寄贈の申し出があって、必要であればと思って電話しました。あと、結構枚数があるからよければ他の希望者がいれば、お願いしてもいいかな?
もちろんです!ありがとうございます^^
了解!メッセンジャー繋ぎますー。

 

とまあこんなやりとりがあり、なんと次の週にはたくさんのマスクが届きました。 

 

この度寄付をいただいたのが、株式会社clover出版様。

2014年に設立された会社でありながらこの規模感。そして、今回のように寄付をされるような行動力。本当にすごい会社様です。

弊社も今季が4期目ですが頑張らないと笑。

マスクに同梱いただいたメッセージも掲載させていただきます^^

 

本当に現場を預かるものとしてはありがたい限りです。

 

ご縁は私がお世話になっている方に

私自身twitter、facebook、公式LINE、ブログ、これらのSNSを使って日頃から情報発信を行っていますが、不特定多数の人に募るのは今回は違うなという結論に至りました。

そこで限られた繋がりの中で情報を伝え、希望者に直接私から手渡すことに決めました。

 

”いただいたお気持ちを伝えること”と、

”ご縁をいただいた私が直接ご縁を繋がせていただくこと”

これはどうしても大切にしたかったのです。

 

結果的にたくさんの方とお話しする時間を作ることができ、さらに良い関係を築くことができたのではないかと思います。

 

一部の方々は写真撮影させていただきました^^

お受け取りいただいた皆様、先方様のご厚意に甘えまして、気兼ねなくお使いください(私がいうことではないですがw)

まだまだ緊張感のある介護の現場

大阪の緊急事態宣言は解除され、冒頭にも書きましたが少しずつ普段の日常が帰ってきました。

 

しかし、今回の新型コロナウイルスはお年寄りが罹患すると、重大な健康を被害を及ぼす(場合によっては死に至るケースも)可能性が高いことが示唆されており、お年寄りと密に関わる我々には、今後も菌を現場に持ち込まないための徹底管理、厳戒な感染対策が求められます。

 

普段以上の緊張感は現場の職員を疲弊させ、モチベーションを奪います。

また対策にかかる経費の影響も大きく、現場を逼迫します。

 

そんな中このようなありがたい申し出は、現場で戦う介護職にとっての支えの1つになります。

「みんなで支えあって乗り越えよう」

そんな風に支援チームの輪を強くしてくれるのです。

どれほどありがたかったか。本当にありがとうございました。

 

最後に

マスクを寄贈いただきました

株式会社clover出版 

代表取締役会長 小川 泰文 様

 

そしてご縁をお繋ぎいただいた

インクルージョングループ 

代表取締役会長兼社長 藤田 直 様

 

心より御礼申し上げます。

いただいたマスクは大切に使わせていただきます。

 

株式会社familink 代表取締役社長 金児 大地

ーーーーーーーーーーーーー

先日、水樹ハルさんに取材をしていただいた私の自分ストーリーが記事になりました。

私の生い立ちから会社にかける思いなど赤裸々に語っています。

ぜひ下記リンクより、ご一読ください。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA