Pocket

「セラピスト新時代を生き残れ!」明日の生き方がわかる一日

はじめに

2019年現在PTだけでも国家資格保有者は15万人を超え、一昔前のように資格を持っているだけでも求人がいつでもあるような時代は終焉を迎えようとしています。

働き方も多様化しており

「養成校を卒業したらまずは病院で!」

このような考え方は通用しなくなり、卒業と同時に企業に参入するセラピストや、資格を使わずに新たな可能性を求めて、全く違う仕事に就くセラピストも少なくありません。

また世論としても副業解禁・副業推進と変化し、卒業とともに就職した病院で定年まで勤務するのはスタンダードではなくなっています。

そんな急速に変化するセラピスト業界であるからこそ、我々”今を生きるセラピスト”は時代の変化にしっかりと対応し、順応していく必要があります。

しかし、このような変化の大きな時代において

「今何をしなければいけないのか?」

この問いに対して具体的に学ぶ機会というのは多くなく、未来に漠然とした不安を描いているセラピストも多いのではないでしょうか?

今回はそのような若手セラピストに向けて、前に進む道しるべを作りたいと思い今回のセミナーを企画しました。

 

こんなことに悩む人に参加してほしい

☑️将来が不安だ

☑️今の臨床でいいかわからない

☑️近い将来転職を考えている

☑️起業・複業・フリーランスに興味がある

 

講師紹介

講師 甘利 秋月 氏

防衛大学校卒の異色の言語聴覚士。

陸自管理職→医療法人リハビリリーダー兼法人経営企画室長・事務長→独立起業。医療介護コンサルタント。リーダーシップ・マネジメント教育、業務見直し・仕組み作り、戦略立案など、多角的な視点で様々な業務分析を支援。また自身で企画運営する数々のプロジェクトや大学講師などを通して、特に若い世代に夢や希望を与える活動を行っている。

 

講師 金児 大地 氏

株式会社familink代表取締役。理学療法士。

回復期リハビリテーション病院で経験を積んだ後、訪問看護ステーションの立ち上げ、クリニックの訪問リハビリテーション部門の立ち上げに関与。のちに株式会社familinkを起業。現在は大阪市鶴見区でリハビリテーションに特化したデイサービス”リハビリンクデイサービス”経営しながら、通所介護や訪問看護ステーションのコンサルティングや老人施設の顧問としても活動。活動理念は医療・介護垣根のない連携。

 

セミナー内容詳細

① セラピストとして、一社会人として、いかに時代のニーズに沿った役割の発揮ができるのか?  講師 甘利 秋月

 

医療介護業界は極めて閉鎖的です。

それは他業界(陸上自衛隊)から来た私にとって非常に衝撃的でした。 当たり前のようにミーティングに遅れてくる時間管理の欠如、マネージャーがプレイヤーとさほど変わりがない管理体制、キャリア構築と人事評価の不一致など、セラピスト1年目の頃、日々ショックを受けていました。

当時の自分自身ももちろん十分であったとは言い難かったですが、その不十分さに対する危機感と焦りは痛烈に感じていました。 そしてそれを「変える」立場になろうと日々努力し、2年目からリハビリ部のリーダー、その後法人経営企画室長、コンプライアンス管理室長、事務長などを兼務し、日々それらの課題解決に従事していました。

昨今、セラピストの方々の多くはこれらの課題に対してアンテナの感度が良く、自分の信念で「これは違う」と意見を伝えたり、「やっぱりこれは納得がいかない」と感じた時に転職をするという、非常に重要な行動や決断を思い切ってできる人が増えてきたと感じます。

これはある意味「正しい」ことであると同時に、もしかしたら「間違い」かもしれません。

それはなぜか?どういう意味なのか?

その問いに対する私なりの考えをお伝えするとともに、これからの時代にどう自分のキャリアアップを進めていけば良いのか、皆さんと一緒にそのデザインを考えてみたいと思います。

 

②私のセラピストとしての軌跡〜求められるセラピストになるために〜  講師 金児 大地

たった一年の病院経験をもとに地域に飛び出した。

病院と全く違う訪問看護ステーション・訪問診療を中心とするクリニックという環境でありながら、自分自身に課題を課すことで求められることが少しずつ増えていく。

セラピスト2年目〜現在まで、実際にどのようなことを考え、どのような自己学習を行ってきたのか。

またその結果どのような変化があり、ヘッドハンティング、独立、起業と自身のキャリアを形成してきたのか。

自分自身の等身大の経験を踏まえて話します。

 

日々多様化し、恐ろしいスピードで変化するセラピストの生き方

この急速に変化する世の中で、セラピストとしてのスキルアップはもちろん、社会人としてどのように成長する必要があるかを考えていきます。

他職種・多業種との豊富な協働経験から、実際に自ら体感し、自身の行動がどういった結果を生み出し、自身の進む道に変化をもたらしたか。実体験を中心に共有していきます。

同じような境遇にいる人はもちろん、今のセラピストとしての仕事の仕方に不安がある人や、今後の自分の将来に不安を感じている人に聞いてもらいたい内容です。

当日は具体的な行動内容、明日からできるスモールステップを講義・ワークを通じて考えていきます。

 

タイムスケジュール

13:00〜受付開始

13:30〜15:00 甘利氏講演

「セラピストとして、一社会人として、いかに時代のニーズに沿った役割の発揮ができるのか?」

15:10〜16:10 金児氏講演

「私のセラピストとしての軌跡〜求められるセラピストになるために〜」

16:20〜17:00 甘利氏✖️金児氏 ディスカッション +質疑応答

「今の世の中から考えるセラピスト界の生き抜き方」

 

イベント詳細情報

日時:令和2年1月18日(土)13:00-17:00

参加費:3500円(11月中の申し込みで早割3000円、お2人での申し込みでペア割さらに500円off)

定員:25名

開催場所:リハビリンクデイサービス 住所:大阪市鶴見区今津中1-7-3アベニュー鶴見1F

申し込みは下記のページから