Pocket

2020年9月のりんくるケアプランセンターの開設に引き続き、訪問介護事業所の開設を考えています。

 

私が地域医療・介護に関わり始めて早8年という月日が流れました。

 

そんな中で、一番よく関わりがあったのが他でもない訪問介護のスタッフです。

訪問リハビリに従事していた際は、本当に頻繁にコミュニケーションをとらせていただき、在宅での運動指導についてもたくさんご協力をいただきました。

 

訪問介護というのは、利用者さんの生活に一番密接な関わりをもつ仕事であり、在宅生活を送る上での肝になるお仕事です。

その分距離感が近くなり、関わりが難しいプロの仕事でもあります。

 

株式会社familinkの事業計画の中にももちろん入っており、時期を見計っていましたが、この度”この人”という方とのご縁をいただき、開設を決めました。

 

株式会社familinkの事業理念として、

「家族にも受けてほしいサービスを提供する」

という文言がありますが、訪問介護ではより一層その思いが強くなります。

 

訪問介護は基本的に常に利用者様と1対1になります。

 

そこには他者の介入が難しい環境があり、職員一人一人に任せる部分が大きくなるのが現状であると思います。

 

そんなお仕事でありながら、地域の情勢としては事業所や働き手も少なく慢性的な人手不足。

 

スタッフはパートさんや登録ヘルパーさんが多く、事業所としての理念も通っていない。そんな事業所を見る機会が少なくありません。

 

こんな状況をどうにか変えたいと思っています。

 

サービスの受け手としても満足度が高い、そして働き手にとってもやりがいがあり、働きやすい環境である。

 

そんなサービスを作っていきたいと考えています。

 

3月の開設に向けて準備を進めていますので、もし

「私も一緒に事業を作っていきたい!」

そんな人がいればぜひ声をかけていただければと思います^^

 

仕事の満足感や達成感は私が保証しますので!!